SHOJI YUKIYA OFFICIAL SITE sakka-run:booklover’s longdiary since 1996.12.18

Diary

『国道食堂 1st season』が出ます2020年01月11日

◆とにかく雪が少ない。
◆ここ何十年間での記録になるぐらいに雪が少ない札幌近辺。我が家は今季から除雪機(見たことない人はググってね)を導入したのだがそれもまだ二回しか動かしていない。まぁ少ない分には雪かきしなくていいから楽なんだけど、あまりにも少ないと農業にもいろいろと影響が出るんで、そこそこ、ドカッと来るんではなくちょこちょこ降っていただきたい。
◆届いたのは今月16日ぐらいに発売予定の単行本新刊『国道食堂 1st season』(徳間書店)の見本。〈読楽〉さんに連載していたものをまとめました。〈1st season〉となっているのは、連載中から編集部では好評で、これはこのまま続編を、という話になって、最終回翌月にはもう〈2nd season〉を始めたからです。
◆担当編集さんと「次は男の話を書きましょう」と決めていて、男の話とはなんだろうと考えたときにふっと思い浮かんだのが〈プロレスのリング〉でした。リングがどっかにあったら面白いなと思ったときに「食堂か」と、出てきて、それで話の骨格ができあがりました。ドライバーたちが立ち寄る田舎の国道沿いにドライブインのような食堂があって、その中にリングがあったらいろんなドラマができあがるな、と。タイトルもそのままに『国道食堂』となりました。引退したプロレスラーである〈本橋十一〉が経営する実家でもあった〈国道食堂〉。そこに初めてやってきたのは配置薬のルート営業マン〈二方将一〉。新しくマネージャーとしてやってきたこの土地の初日にご飯を食べに立ち寄ったのですが、店内にあるリングに驚き、さらに店主である〈本橋十一〉にも驚きます。実は高校時代に〈本橋十一〉と会っていたのです。縁があって食堂に通いはじめる〈二方将一〉ですが、実は諦めていた夢があって……。と、物語はこの二人を中心にしますが、彼らに関係して〈国道食堂〉にやってくる人たちのストーリーが毎回語られていきます。その数は合計14人。年齢も職業も全部バラバラの14人の男たちのドラマが〈国道食堂〉のリングを舞台にして、〈本橋十一〉と〈二方将一〉の周りで起こっていきます。
◆そして〈2nd season〉ですが、〈1st season〉は一応話としてはそこで終わりますのでどちらか一方だけ読んでも通じるのですが、〈2nd season〉では〈1st season〉に出てきた男たちの周りにいた女性たちの物語になっています。たぶんですけど、その数も同じぐらいになると思います。ですから順番通りに読んでいただいた方がより物語に膨らみを感じられると思います。そちらも〈読楽〉さんに連載中ですので、お楽しみいただけたら嬉しいです。
◆幼い頃、夏休みになると家族や親戚で車で旅行をよくしていました。マイカーの時代だったんですよね。なので、ドライブインというものにはけっこうたくさん入りました。その中のひとつをとてもよく覚えているのですが、もう五十年も前に入ったその店が、外観だけですけど残っていて今も近くの国道沿いにあります。すごく印象的な出来事があったんですけれど、それは今回のネタとしては使いませんでした。また別の小説でどこかに出てくるかもしれません。
◆いろんな職業の男たちを描けたので、僕としても楽しく書けた『国道食堂』。愉しんでもらえたら嬉しいです。

春を待つ季節2020年01月01日

◆新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いします。
◆今年は、いや今年からもう年末年始に実家に帰ることはない。自宅で夫婦二人で過ごす正月だ(いや正確には二人と一匹だけど)。
◆正月といっても普段から毎日ずっと二人でいるわけで、何にも変わることはなく、ただ食べるものがお雑煮とお節になるというだけ。二人の息子も特に帰ってくるわけでもない。便りのないのは元気な証拠だろう。僕もそういう息子だったから特に気にしない。
◆毎年同じことを書いているけど、新年を迎えたらもう雪国は〈春を待つ季節〉だ。実際には1月2月といちばん雪が多くなり寒さも一段と厳しくなって冬本番になるんだけど、それでも、どんどん陽が長くなり一日経つごとに春へと近づいていく。季節が冬になっていくんじゃなくて、春へと近づいていく。本当に、待ち遠しくてわくわくしてくる。そしてやってくる春という季節を喜ぶあの心持ちはやはり雪国に住んでみなければ味わえない。いいものなんだ。地元愛なんてものはまったくないし、どこでも住めば都と思っている人間だけど強いて北海道を離れようとも思わないのは、春という季節の喜びを味わえるからかもしれない。
◆毎年、締切りに追われる幸せな日々を過ごしている。今年も既に執筆予定が一杯だ。それをこなすだけで精いっぱいのような気もする。何かにチャレンジとか新しい地図ヽ( ´ー`)ノとか描いてみたい気もするけれども、現状維持できるということがもう本当に素晴らしいことだ。ありがたいと思う。その中でも、やっぱり今年こそ、という思いもある。もっといいものを、素晴らしいものを書きたい。
◆実は今年が五十代最後の年だ。だからどうだというのもないんだけど、六十代を迎える前に、おじいちゃんそろそろ免許返納を、と言われ出す前に、アクセルをベタ踏みできるもんなら踏んでみたいとも思う。
◆今年も、書き続けます。どうぞよろしくお願いします。

良いお年を!2019年12月31日

◆またしても久しぶりの更新。
◆ネタがなくても何となく更新できていたのは遠い昔(^_^;)。何度も書いているけれど本当に執筆体力が落ちていて、原稿を仕上げるだけで精一杯の毎日だ。
◆令和元年になった今年も終わる。まさか自分が昭和・平成・令和と三つの元号に亘って生き続けるとは思わなかった。明治・大正・昭和と生き続けた祖父母辺りはこんな感覚だったんだろうか。しかも天皇陛下はほぼ同年代だ。同じ時代に生まれて同じ季節を過ごしてきた同年代だ。まぁおそらくだが僕の方が先に死ぬので、令和が最後の時代だろう。
◆今年もたくさんの原稿を書いてたくさんの本を出すことが出来た。執筆依頼をくれる編集さん、本を置いてくれる書店員さん、そして買ってくれる読者の皆さんのお蔭で小説家として生活していける。本当にありがとうございました。
◆そして来年の話になってしまうけれど、もう新連載の予定がびっしりだ。わかっているところでは、『駐在日記』(中高公論新社)もシリーズになってしまって連載開始、それから『すべての神様の十月』(PHP)がずっと好評なので、これも連載で続編がスタートする。シリーズというわけじゃないけれどドラマにもしてもらった『娘の結婚』(祥伝社)とゆるく繋がるような〈結婚〉にまつわる連載も開始になる。さらには〈花咲小路シリーズ〉(ポプラ社)も引き続いて連載をするし、二月刊行予定の『銀の鰊亭の御挨拶』(光文社)も同じ設定で違う物語の連載開始になる。〈小説すばる〉で連載している初めての時代小説『隠れの子』や『国道食堂』(徳間書店)も引き続き書く。うわぁいっぱいだどうしよう(^_^;)。
◆本当に、いつも言ってるけどそんなに売れてるわけでもない作家にありがたい話だ。とにかく、書けるだけ書く。
◆ニュースはほとんど見ない。ここの日記をずっと読んでくださっている人にはわかると思うが、実は僕は常に怒っている。ほとんどアベンジャーズのハルク状態だ。もしも力があったのなら愛のある独裁者になって下衆でしかない政治家どもを消す。非道な犯罪者連中も全部消す。〈世界平和〉を実現するためにブラッディー小路となる勢いだ。それぐらい常に怒っている。でも、怒っていると原稿が書けなくなってしまうので、ニュースは見ない。表現する場所を与えられた幸せな表現者として、幸せな物語を書き続けるために。
◆ハッピーエンドしか書かないと決めている。ハッピーエンドになるためには、悲しく辛いことが起こらないと幸せな結末へと向かえない。そして人生は実はほとんどつまらなく普通でそして悲しく辛い出来事で一杯だ。だからこそ幸せな結末へと向かおうと生きていく。全ての人生はハッピーエンドへ向かっている。たとえそこに辿り着けなくても光へ向かっていく。そういう物語をこれからもずっと書いていく、と、この年の瀬に決意を新たにするために毎年同じことを書いている。
◆「良いお年を!」。毎年繰り返されるこの言葉が僕は大好きです。誰もが、そう願って互いに手を振り明日へ、新しい年へ向かっていく言葉。
◆本当に、今年もありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いします。
◆良いお年を!

『花咲小路一丁目の髪結いの亭主』が出ます2019年12月01日

◆昨日に引き続きの更新。
◆もう間もなく店頭に並ぶはずの単行本新刊『花咲小路一丁目の髪結いの亭主』(ポプラ社)の見本が届きました。〈花咲小路商店街シリーズ〉の第6弾です。いつの間にか6冊目になったんですね。
◆今作は淳ちゃん刑事も住んでいる一丁目に戻ってきて、舞台になるお店は〈床屋さん〉です。昔ながらのあの赤と青のポールがくるくる回っている〈理髪店〉ですね。語り手は理容師になりたくて専門学校に通い無事卒業した〈せいら〉ちゃん。偶然見つけた憧れの〈昔ながらの理髪店〉である花咲小路一丁目〈バーバーひしおか〉に「ここで働かせてください!」と飛び込んでいった行動力も情熱もたっぷりのモデル並みに背の高い女の子です。その〈バーバーひしおか〉の経営者は口髭を蓄えたイタリア大好きのちょっと太めの旦那さんの凌次郎さん、ではなく、奥さんのミミ子さん。では凌次郎さんは何をやっているかというと、床屋さんの仕事は何もしていません。文字通り〈髪結いの亭主〉なのでした。しかしこの〈朱雀凌次郎〉。何やら由緒ありそうな名字が示す通り只者ではなく、かつてルーブル美術館でキュレーターも務めたことがあるという〈美術品〉のプロフェッショナル。特に西洋美術に関してはその道では知らない人がいないというほどの鑑定士だったのです。様々な美術品や骨董品に関して蘊蓄を語り、さらにはちょっとした美術品にまつわる謎などを解決していくのです。そしてあの〈怪盗セイント〉に関する骨董品がさるところから持ち込まれて、彼が何者であるかがはっきりしそうになるのですが……というようなお話になっていきます。
◆シリーズをお読みになっている方はおわかりのように、いつものようにセイさんも出てきますしミケさんなどのレギュラーメンバーも顔を出します。そして前作のすばるちゃんもちらっと顔を出しますが時間軸としては前作『花咲小路三丁目北角のすばるちゃん』のお話の少し前、まだすばるちゃんが高校を卒業する前の話になっています。今作だけでもお話は通じるように書いてはいますけれど、できましたらシリーズを最初から読んでいただいた方が、いろんなところが繋がっていますのでより楽しめるかと。特に『花咲小路三丁目のナイト』を読んでからにしていただいた方がいいかもしれません。
◆実は次作も来年からまた連載で書かせていただくことが決まっていますので、シリーズはさらに続きますよ。次は何丁目のどんな店になるかはお楽しみに(まだ決めてませんヽ( ´ー`)ノ)。

映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』のノベライズです2019年11月30日

◆また久しぶりの更新になってしまった。
◆今度はちゃんと更新しようとこの日記に書いたくせにこうだ。でもやっぱり〈書く〉という部分で全般にパワーが落ちているのだろう。なんとも自分が情けないがどうしようもない部分ではあるか。
◆12月の初旬に発売予定のノベライズ『男はつらいよ お帰り 寅さん』(講談社)の見本が届きました。もちろん、山田洋次監督作品です。〈男はつらいよ〉第一作の公開から50周年、そして50作目の〈寅さん〉です。その作品のノベライズを任されたというのは光栄ですし、なんでも寅さんの映画のノベライズは初めてらしいです。本当にありがたいお仕事でした。
◆ま、でもこういう依頼が来るだろうなとは思っていたんです。山田監督の〈家族はつらいよ〉三部作のノベライズをしましたし、なんたってこの映画の制作前に山田監督とサシで映画の内容についてお話しましたからね(あ、言っちゃったけどいいよね(^_^;))。そのときにはまだ制作は決まっていたけれど脚本は上がっていなくて、僕は山田監督に「吉岡さん演じる満男の現在の職業が大事ですよねー」って話をしたんですけど、まさか〈小説家〉で来るとは思わなかった(^_^;)。いやマジで椅子から転げ落ちそうになりましたからね。なんたって実はそのとき……(この辺は言えないヽ( ´ー`)ノ)
◆あちこちで言っていますが、ノベライズとはあくまでも脚本と完成した映画を元に小説として成り立たせただけの物語です。決して僕の作品ではなく、言ってみれば山田監督が作った美味しいステーキに、僕は付け合わせの野菜を添えて見栄えの良い〈小説〉という名の食器を用意しただけのこと。もしもこのノベライズがおもしろければ、それはとりもなおさず映画がおもしろいということです(あ、ノベライズがおもしろくなかったらそれは僕の責任です。映画はおもしろいですからゼッタイ!)。
◆どんな映画かはサイトの予告編を観ていただくとして、ノベライズは概ね映画の筋に添って書かれています。新たに追加したエピソードは、寅さんの甥っ子である満男が小説家になった経緯や、現在の境遇についてです。この辺は映画ではあまり触れられていないので、読んでから映画を観ても、あるいはその逆でも楽しんでいただけると思います。そして、どうしてもノベライズでは表現できなかった部分も多々あります。それは50年分の〈寅さん〉です。どういうことかは、ぜひ映画本編で確かめていただければと思います。そして、ノベライズもぜひよろしくお願いします。
◆さて、日記の更新をできない日々はいつもと変わらない日々だけど、Twitterでは言ってたけど除雪機を導入したりした。そして、来年の四月に発売予定の〈東京バンドワゴン〉シリーズの新作も書いています。タイトルは例年通り来年になったらお知らせしますね。

ページトップへ