SHOJI YUKIYA OFFICIAL SITE sakka-run:booklover’s longdiary since 1996.12.18

Diary

どんな仕事でも、それは誰かのためになっている2018年04月07日

◆冷たい雨が降った日。
◆もちろん僕は野球ファンであり北海道日本ハムのファンだから大谷くんをずっと見てきた。そのマンガを超える活躍を目の当たりにして「底が知れん!」と何度叫んだことか。本当に彼は凄いんだ。50年間プロ野球を見続けているけれど、彼のような選手は初めてだ。僕自身はピッチャーよりバッターとしてやった方がいいと思っていたからメジャーに行っても打つ方は心配ないとは思っていたけれど、まさか、だ。現時点で三試合連続ホームラン。わかっていたのに、驚かされる。そして大谷くんの笑顔が日本にいるときより生き生きしているように見える。子供のときからの目標だったメジャーの世界に立つことができて本当に嬉しいんだろう。きっとまた僕らの想像をはるかに超える活躍を見せてくれるに違いない。
◆フィギュアの羽生くんといい大谷くんといい、同じ世代で世界を驚かせる才能がその翼を羽撃かせるのを見るのは、本当に嬉しい。気持ちがいい。まだこの日本も捨てたもんじゃないと思える。強いて長生きしたいとは思っていないけれど、こういう若者たちの凄い活躍を見られるんだったら、長生きするのも悪くないなと思える。
◆写真は大好きなミュージシャン中山うりさんの新譜〈カルデラ〉。
◆才能ある人を羨むことはある。僕もミュージシャンになりたかったけど才能がなかった。それを高校時代に周りのアマチュアミュージシャンたちに思い知らされた。僕には何ができるんだろうと悩んだ時期もあった。広告制作会社に入っても、同僚のコピーライターやデザイナーたちは皆僕よりも凄い人ばかりだった。だから、自分にできることを一生懸命やって、毎日勉強して、少しずつできることを増やしていって、給料分の仕事ができるようになって、そして自分の楽しみのために給料を使えるようになっていって。
◆どんな仕事でも、それは誰かのためになっている。自分の暮らしを豊かにするために働けば、それは誰かのためになっている。生きるってことは、同じ時代に生きている知らない誰かと一緒に暮らしているってことだ。お互いに毎日楽しく過ごしていくためにそれぞれの場所でそれぞれにできることをやっているんだ。そうやって皆が互いに幸せになるために過ごしていく。
◆だから僕は、知らない誰かを遠いところから罵倒したり威圧したりする人間を一切信用しない。たとえそいつがどんなに社会的に成功していようとも。

新しき日々2018年04月02日

◆四月になった。晴れたけど風が強い日。
◆我が家近辺は田んぼの真ん中の住宅街で周囲に山などなくしかも川がたくさんあるので、春の始まりのこの時期は非常に風が強い。春の強風は風物詩みたいなものでそれが収まると北海道では本格的な春。桜も咲く時期になっていく。
◆僕は広告業界にいたのでAppleのMacが愛機なのだが、その中でノートブックパソコンでであるMacBook Proをずっと使っている。もう何代目になるかなぁ。Mac使いになって四半世紀ぐらいになるが、たぶん10台近くは使っているんじゃないか。
◆そして三、四年使っていたMacBook Proがそろそろヤバくなってきていたのはわかっていた。OSのアップデートなどでいろいろ不具合が出てきてそして挙動もおかしくなってきていたので。なので、早めに次代機を用意してここ何日かデータ移行や細かい調整などをしていた。何日もっていうのは遠隔地ゆえ頼んだ実機や周辺機器が届くに時間がかかるのだ(^_^;)。
◆その間、原稿が進められなくて、いやこれもいいわけで書こうと思えば書けたんだけどどうしてもそわそわしてしまって進まないのだ。新しいマシンをいじるのはいつだって本当に子供のようにわくわくしてしまうのだ。
◆四月。今日から社会人としての新しい日々が始まる人も多いだろう。入社式なども行われていたというニュースがたくさん流れていた。仕事は、そのまま自分の人生を作っていくものだと思う。自分の人生を生きるってことは、働くってことだ。何せ働かなきゃ食えないんだから(^_^;)。夢と希望をその胸いっぱいに抱え込んでいる人も、そうでない人もいるでしょう。いずれにしても社会に出ていく皆さんの前には新しい自分の生きる日々があります。それは見渡す限り自分で選んで自分で作っていける日々です。誰のものでもなく、あなたのものです。
◆あなたの人生が幸多きものになりますように。

〈It’s a small world〉みたいにさ2018年03月29日

◆晴れ。少し風が強かったけど、春の日。
◆もう雪は陽の当たらないところや雪を積み上げたところにしか残っていない。この数日間で急に融けていった。雪というのは大気中の塵や埃を核にして降ってくるものだから、当然のようにそれが融けたら後には塵や埃が残る。つまり、雪解けが一気に進むこの時期には道路には塵や埃や、雪に隠されてきたゴミでいっぱいになるのだ。一年の中でいちばん埃っぽくて見た目にも汚い時期だ。残っている雪なんか表面が土埃で真っ黒になっているからね。これから雨が降って埃や塵が流されて、そして各町内会では清掃をしたりする。冬の間のゴミっていうのはけっこうあって、一回りしたらゴミ袋がいっぱいになったりするのだ。それで、枯れ草の中から緑が見え始めてようやく草木が芽吹くきれいな春がやってくる。季節が変わらずにやってきて、日々の暮らしを送れることは本当に幸せなことだと思う。
◆写真は〈エレファントカシマシ カヴァーアルバム3 ~A Tribute To The Elephant Kashimashi~〉。俳優の高橋一生さんの歌もいいですよ。
◆未来が来ているような現代だけど、技術が進めば進むだけ今までわからなかったこともどんどん見つかってくるみたいだ。ニュースを見ていると、ダークマターのない銀河が見つかったとか、人体で最大となる器官が発見されたかもしれないとか、人が住んでいなかったと思われていたアマゾンの奥地に実は百万人単位で文明があったかもしれないとか、マジで? と言いたくなる。国や宗教や人種やその他もろもろの争いなんかしていないで、人類がひとつになって技術を発展させてそれぞれの文化文明を大切にして、過去の遺物や現在も残る様々な謎を追い求めていったら、人類はもっと良き方向へ発展していくんじゃないか。そういう時代は来ないものか。そういう風になるにはどうしたらいいのか。
◆ディズニーの〈It’s a small world〉みたいにさ。

球春!2018年03月24日

◆晴れ。穏やかな天候で春の陽射し。
◆雪解けはどんどん進んでいる。ウォーキングという名の散歩も今日のところはスニーカーでまったく問題ない。まぁこれからまた雪が降る可能性もあるのだけどね。GWに積雪したこともあったからね北海道。そのときはまだ前の会社にいた頃で、旭川に車で出張に行っててノーマルタイヤで泣きながら札幌に帰ったよ本当に。そういえばそのときはまだ三菱ジープに乗っていたなぁ。
◆春のセンバツが始まったが、北海道の駒大苫小牧は残念ながら初戦敗退。力の差があった試合だったけど、久しぶりに駒大苫小牧の校歌を聞いたな。思い起こせば田中のマーくんがいたときの北海道の盛り上がりは凄かった。生きているうちにまたどこかの高校が北海道に優勝旗を持ってきてほしいなー。
◆北海道コンサドーレ札幌はミシャ監督の元で確実に違うチームに変貌しそしてチーム力を上げつつあるけれどもまだまだ未熟。今期の目標もJ1残留であることは間違いないけれども、とにかくチーム力の底上げだ。毎期のように上位に食い込んでいけるチームのベース造り。その中で、レンタル加入の三好がいいね。
◆北海道日本ハムは打線だけ見れば優勝も狙えるほどの底力はある。問題は投手なんだが、こればっかりはやってみなきゃわからないものなー。とりあえずの楽しみは近藤の夢の4割打者と、レアードのホームランキングだな。清宮くんに関しては、個人的には今期は2軍暮らしでもいいんじゃないかと思ってる。
◆W杯に向けてのサッカー日本代表だけど、まぁなー、何を言っても結局はチーム編成は監督のものであり、そして試合は選手のものだから。とにかく代表に選ばれた選手たちにすべてを託してただ楽しむしかない。そう、楽しまなきゃ損なんだから。個人的には本田は、本番で出る出ないは別にして今の代表に必要な選手だと思うよ。
◆春だなぁ。いい季節が巡ってくる。

あのラストシーンを2018年03月19日

◆風が強く気温も低かった。
◆もう道路は雪が融けているけれども、まだ三月の間は雪が降ったりもする。もう降るなよと毎年のように思うけれどもこればっかりはしょうがない。
◆ちょっと前の話題になってしまったのだけど、というかさっき知ったのだけど(^_^;)、ドラマ『娘の結婚』はギャラクシー賞の1月度月間賞というものをいただいたようだ。こちらにある。テレビ業界の賞なので詳しくは知らないけれども、とても素晴らしいことなのではないか。原作は確かに僕の物語だけど、それを素晴らしいドラマに作り上げたのは、プロデューサーや脚本家さんや監督さんや現場の皆さん、そして俳優の皆さんだ。おめでとうございます。僕も嬉しいです。
◆ドラマ化に際してはタイトルと登場人物の名前だけは変えないであとは好きにしてください、といつも言うのだけど、今回の『娘の結婚』に関しては、あ、でもいつもそうかな。今までの三本の映像化のときも言っていたような気がする。〈ラストシーンもできれば変えないでください〉とお願いしました。なので、今回の『娘の結婚』も、ドラマとしていろいろと脚色されてはいましたが、ラストは父親とその友人が自宅で酒を飲み交わす、という原作と同じシチュエーションで終りましたよね。原作よりもとてもいいシーンになっていて、あぁこういうシーンを観たかったんだ。これを描きたかったんだ。ドラマ化してもらって本当に良かったなぁと思っていました。
◆後から思えば、というかこうやってドラマ化してもらって改めて思ったんですけど、主人公は父親ですよね。娘の視点からも物語を組み上げてはいますけれど、僕と同じ年齢の男の、そして父親の物語を僕は描きたかったんだな、と。その最たるものが、あのラストシーンですね。
◆DVD化してくれないかなぁヽ( ´ー`)ノ

ページトップへ