SHOJI YUKIYA OFFICIAL SITE sakka-run:booklover’s longdiary since 1996.12.18

Diary

『ヘイ・ジュード 東京バンドワゴン』文庫です2020年04月10日

◆曇り。平年以下の気温で寒い一日。
◆すっかり新刊が出るとき以外は日記を更新しなくなってしまった。更新したい気持ちはあるのだが、筆が進まない。原稿を書く以外のエネルギーが減ってしまっている感じだ。ひょっとしたら何か新しいことを始める時期に来ているのかもしれないなぁ。あれこれ考えているんだけど。
◆そして今月の17日頃に発売予定の文庫新刊『ヘイ・ジュード 東京バンドワゴン』(集英社文庫)の見本が届きました。シリーズとしては13作目ですね。いつも通りに〈東京バンドワゴンシリーズ〉のサイトにも書いていますが、いつかは使おうと思っていた名曲〈ヘイ・ジュード〉をここで使いました。この曲はビートルズ関連の本では、離婚したジョン・レノンの息子であるジュリアン・レノンにメンバーが「落ち込むな、良い事もあるさ」と歌ったものだということが書かれています。これを僕は父親から息子へ送る歌と解釈して、今回は〈父から息子〉というものを意識して、全体の構想を練りました。
◆そもそも堀田家には強烈な個性を持った父親がいます。勘一もそうですし、我南人もそうです。地味な紺だって実は小説家という個性的な仕事を持った父親です。青なんか見た目からして派手な父親です。そうして、それぞれが息子なんです。勘一にしても草平の息子ですし、我南人も勘一の息子。息子の最大のライバルは父親というのはよく言われることですが、父親にとってもいちばん身近なある意味でもライバルは息子なわけです。人生を送る中で様々な形で訪れる、父と息子の関係性や感情を、堀田家とその周辺の人たちの中で描いてみたつもりです。
◆今回は、父と息子の別れの場面がいろいろと重なる時期になりました。作者でありながらそう言うのはなんですが、本当に偶然に重なっていくんですよね。もちろん、僕が考えている物語ではあるんですが、実質15年も続いているシリーズになると、こんなところでこれが繋がってしまったのか、と作者でさえびっくりする展開になることが本当によくあります。登場人物たちの人生が、本当に物語の中で生きているんですよね。『ヘイ・ジュード 東京バンドワゴン』もそういうことを実感する一冊になりました。いつものように、楽しく賑やかな堀田家の一年の日々を愉しんでいただけたら嬉しいです。
◆今、まさに世界中が新型コロナウィルスの渦に飲み込まれています。本当に世界中が国家存亡の危機にまで追い込まれている状態です。私たちは、病気と闘う医療の世界の方々に全てを託して、自分たちができること〈感染を広めない〉ということだけを考えて息を潜めて生きていくしかありません。国の経済が本当に壊滅状態にまで追い込まれるかもしれません。感染が止まることを、ワクチンが開発されることを、ただそれだけを祈り、自分たちが生きていくために耐える時が続くでしょう。
◆小説家は物語を書くことしかできません。不安に押しつぶされそうな日々の中、堀田家の物語が皆さんを少しでも楽しませてくれれば、明日への光になってくれればと願います。

『三兄弟の僕らは』が出ます2020年03月11日

◆3月11日。あの日はこちらも震度4ぐらいだった。
◆ちょうど次男と友人が家で遊んでいて、あまりの揺れに一度外へ避難させた。はっきり覚えているけれどあの年も今年と同じぐらい雪が少なくて、道路はアスファルトが出ていた。そんな日に、今月19日頃に発売予定の単行本新刊『三兄弟の僕らは』(PHP)の見本が届きました。
◆自分でそんな風に言うのはどうかとは思うのですが、僕はけっこう多作なのですが、無性にシンプルな話を書きたくなるときがあります。たとえば『東京公園』とか、『花歌は、うたう』とか、『小説家の姉と』とか、『風とにわか雨と花』とか。読んでいただいている方ならなるほどと思ってくださるでしょうが、この作品もそこに並ぶような物語なんじゃないかと。
◆今まで姉妹の話は書いたことがあるのですが、そういえば兄弟の話は書いたことがないな、と。意識はしていなかったんですけど、それはたぶん自分に姉はいるけれど、兄弟がいないことにも繋がるのかな。姉弟の話ならするすると書けますけど、兄や弟という存在はまた違うものでしょうからね。そこで「じゃあ三姉妹の話は書いたので、三兄弟の話にしましょうか」と編集さんと話して、そこからスタートした物語です。
◆今はたぶん〈三兄弟〉という存在も少ないのでしょうが、どこにでもありそうなごくごく平凡なけれどもささやかでも幸せな家庭に育った三兄弟、朗と、昭と幸。三人とも特別な才能があるわけでもないし取り立てて優秀でもないけれど、それなりに良い子に育っていた三兄弟。けれども、ある日突然、両親を交通事故で失います。呆然とする三兄弟を助けてくれたのは、北海道に住んでいた母方の祖母の栄枝。両親の死(栄枝にとっては娘と娘婿の死)に見舞われた三兄弟のために、葬儀などあれこれと栄枝が動き、そうしてようやく身も心も落ち着いた頃から物語が始まります。
◆その後の展開は、何せシンプルなお話なのであらすじを言ってしまうともうそこで話はわかってしまうので(^_^;)、控えますが、ぜひ読んで頂ければと。愉しんでいただけたら嬉しいです。
◆9年前、4月に出る〈東京バンドワゴン〉シリーズの印税から義援金として寄付をするので本を買ってくださいというお願いをしました。9年経った今も、大きな金額での寄付はしていませんが、毎月、小額ですが各所への寄付はずっと続けています。協力していただいた方も多かったと思います。ありがとうございました。これからも、毎月の寄付は続けていきます。小説家としての収入がある限りはですけれど(^_^;)。

『駐在日記』が文庫になります2020年02月16日

◆相変わらず雪が少ない我が家近辺。
◆札幌は先日のドカ雪でそこそこ帳尻を合わせてきたようだけど、我が家近辺は何だかもう春の足音が聞こえてきたぐらいの雪の少なさ。農作物への悪影響がなければいいんだけどね。
◆中央公論新社さんで出した『駐在日記』が今月20日ぐらいに文庫で出ます。〈中公文庫〉ですね。
◆そもそもは森繁久彌さんの1955年の映画『警察日記』があって、それをたまたま観たあとに中央公論新社の担当編集さんから「うちで書いてください」という話をしていて、「じゃあ駐在さんの日記なんかどうですかね?」と軽く言ってしまったところから始まりました。
◆横浜で刑事をやっていた蓑島周平ですが、ある事件で外科医であった花さんと知り合い、そして結婚します。事件によって右手を怪我して外科医を続けられなくなっていた妻に、警察官の妻ではあるけれども、穏やかで静かな暮らしを与えたいと、刑事ではなく駐在として、田舎に赴任してくるところから物語が始まります。
◆続編である『あの日に帰りたい 駐在日記』のときにも書きましたが、この駐在さん、元刑事の〈蓑島周平〉にはモチーフにした刑事がいます。1975年に放映された刑事ドラマ〈俺たちの勲章〉に出てきた中村雅俊さん演じる刑事です。ドラマでは最終回に彼は刑事を辞めてしまうのですが、もし彼が刑事を辞めても警察官は辞めずにいたらどんなふうになるかなぁ、こんな感じになるんじゃないかなぁと思いながらキャラクター像を作り上げました。妻である元外科医の花さんには特にそういうモチーフにした人物はいないのですが〈花さん〉という名前が好きだったので(^_^;)、いつかその名前を持つ女性を描いてみたいなぁと思っていました。時代設定としては昭和50年です。もちろんまだ携帯電話は影も形もないですし、パソコンもfaxも普及していない時代です。駐在所のある田舎の村で起こる様々な人間模様を描く事件とも言えないかもしれない事件を、周平と花さんの夫婦が解決していきます。
◆この『駐在日記』は続編を書きましたがなかなか好評をいただいているようで、もう少し続けられるシリーズになりました。今年の夏ぐらいから連載スタートの予定なので、再来年にはまた周平と花さんの新しい物語を皆さんにお届けできるかもしれません。なお、続編のタイトルである『あの日に帰りたい』は深い意味があるわけではなく、舞台になったその年のヒット曲です(^_^;)。ですから、また次の新作もそういうタイトルになるのではないかなぁ、と思います。愉しんでいただけたら嬉しいです。どうぞよろしくお願いします。

『銀の鰊亭の御挨拶』が出ます2020年02月12日

◆マイナス16度まで下がったと思ったら今日明日はプラスに。
◆明日なんか4月の陽気になるっていうのよ。とんでもないわー。
◆そんな日に今月19日頃に発売予定の単行本新刊『銀の鰊亭の御挨拶』(光文社)の見本が届きました。サイン本も100冊以上作ったので、どこかのお店に入ると思います(どこに入るかは僕はわかりませんごめんなさい)。
◆さて、光文社さんから初めての本になります。光文社さんには実はちょっと思いがありまして、その辺は実はこの物語を連載していた〈小説宝石〉さんのコラムに書いたので(まだ出ていない)ここに書いちゃうことはちょっと避けますが、でも書いちゃいますけど心の師として敬愛する矢作俊彦さんの名作をずっと出していたのが光文社さんだったんですよ。なので、デビュー以来、光文社さんからも声が掛からないかなぁとは思っていたんですが、ずーーーーっと声が掛からなかったんですよね。まぁ文庫の解説とかなんかちょこちょこお話はあったんですけど、「ぜひうちでも執筆を」とは言われなくて十数年。ようやくお声掛けいただき、連載して本になったのがこの『銀の鰊亭の御挨拶』です。
◆北国の港町の丘の上にある高級料亭旅館〈銀の鰊亭〉。そこは母屋の他に個室としての別邸もあったのですがそこで火事が起こり、主とその妻が焼死体で発見されるという事故が起きてしまいます。しかも若女将である娘〈文〉も親を助けようとして怪我を負ってしまい記憶障害を起こし……そしてほぼ一年後〈銀の鰊亭〉に、若女将の甥っ子である主人公〈光〉が大学入学のためにその町にやってきて、〈文〉と一緒に住むようになります。しかし、その際に聞かされたことは……という感じで物語が始まります。
◆ぶっちゃけ、また変なミステリっぽい物語を書いてしまったなーというのはあります。当初は編集さんとバディものを書きましょうかと話していて、確かにバディものには違いないんですが、変形のバディものになってしまいました。内容はミステリの様々なパターンを踏襲しています(タイトルからして……わかりますよね?)が決して本格ミステリではありません。刑事も主役級で登場しますが警察ものでもありません。言うなれば、帯にもありますけれど青春ミステリーでしょうか。そしてある意味では〈家族〉の物語でもあります。愉しんでいただけたら嬉しいです。
◆ありがたいことに光文社さんはこの続きを〈小説宝石〉でまたよろしくと言ってくれました。なので、主人公達は変わらずに若干スタイルを変えてまた書きます。そちらもお楽しみに。
◆近頃はちょっと夜になると調子が少しばかりよろしくない。具合が悪いわけじゃないんだけど、昼間に頑張っていた心臓がお風呂に入った後にぐったりしてしまうみたいな感じだ(あくでも感じ)。なので、執筆ペースもまた遅くなっている。この辺はまぁ上手く付き合っていくしかないんだろうなぁと。
◆2月も半ばになる。春の足音が遠くに聞こえてくるような気がする。

『スローバラード』が文庫になります2020年01月30日

◆荒れそう、と言いながらも今のところ穏やかな日。
◆本当に今年は雪が少ないのだが、昨年のTwitterを確認すると2月にやたらと雪が降ったようだ。しかも大雪だ。そうだったらいやだなぁと。できれば少しずつ降って最終的にはいつもの積雪量になってほしい。雪も降らなきゃいろんなところが困るんだよね。
◆『スローバラード Slow ballad』が文庫になりますので見本が届きました。〈実業之日本社文庫〉です。〈ダイ・シリーズ〉の第4弾となり、これで『モーニング Mourning』(実業之日本社文庫)から『コーヒーブルース』、『ビタースイートワルツ』と続いてきた弓島大を主人公としたこのシリーズも一区切りになります。物語は、ダイの友人ヒトシの電話から始まります。ヒトシの息子である智一が東京に行くと書き置きを残して家出をしたと。何の心当たりもなく、さらには教頭という立場上仕事を休んで捜すこともできないヒトシのためにダイは自宅に下宿していた同じく友人ワリョウの息子の明を連れて、水戸のヒトシの家へ向かいますが、そこで発見したのは歌舞伎町での写真……。物語はさらに行方不明の高校生女子や傷害事件、淳平のストーカー事件など様々な様相を見せはじめます。そうしてダイたちは過去の自分たちと向き合うことになっていくのですが。という感じで進んでいきます。
◆そもそも『モーニング Mourning』を書いた時点ではシリーズ化などはまったく考えていなくて、続きを書いてみませんかと言われたときにさてどうしようかな、と。『モーニング Mourning』自体が過去と現在を行きつ戻りつする展開だったので、それじゃあ書いていない年代のダイたちを書いてみようかと始まったシリーズです。ダイもその仲間であるワリョウとヒトシ、淳平も僕と同い年『スローバラード Slow ballad』で現在の、つまり連載している当時の自分の年齢に追いつくことになったので、これで一区切りにしましょうと当時の担当編集さんと話しました。最後の物語はどうしようかと考えたときに、やはり『モーニング Mourning』に戻らなきゃならないだろうな、と。そもそも『モーニング Mourning』を書くときに考えたのは〈仲間たち〉の絆でした。それだけを書こうとした物語です。それならば、大学生だった彼らの絆を描いたのだから、最後は50代になって家族もいて社会的責任も何もかも抱えた大人になった、そしてそろそろ老いというものも感じはじめた彼らの絆を描かなければと思いました。だから、『モーニング Mourning』ではあえて描かなかった彼らの人生に大きなものを残したある人物のその後も、『スローバラード Slow ballad』ではしっかりと描いています。これだけを読んでも一応理解できるようにはなっていますが、男たちの30年間を描いているシリーズです。できれば、最初の『モーニング Mourning』だけでも先に読んでいただけると、より愉しめると思います。
◆計らずもシリーズになったものの、この〈ダイ・シリーズ〉はそれぞれのキャラクターに思い入れができました。今のところまだ予定は立っていませんが、別の形でダイたちのこれからも描いていきたいと思っています。

ページトップへ