SHOJI YUKIYA OFFICIAL SITE sakka-run:booklover’s longdiary since 1996.12.18

Diary

文庫新刊『隠れの子 東京バンドワゴン零』が出ます。2021年07月10日

◆やや雲が多めの日。しばらくの間は湿度高目の日が続くとか。それは勘弁していただきたいのだがしょうがない。
◆今月中旬に発売予定の文庫新刊見本が届きました。『隠れの子 東京バンドワゴン零』(集英社文庫)です。文庫オリジナルですので単行本はありません。
◆初めての〈江戸時代劇〉です。まぁ時代小説と言ってしまうのは何か恐れ多い気がするのですが、江戸時代ものですね。
◆そもそもは以前の文庫担当編集さんから「小路さん時代劇好きでしょ? 文庫オリジナルで江戸もの書きませんか?」と言われて「よっしゃ書きますか!」と言ったのですがいっこうに書けずに幾星霜過ぎまして、集英社の皆さんと集まって会食をしている席で〈小説すばる〉の編集さんが「小路さんそれならうちで連載にしません? 連載にしたら締切りあるから書くでしょ?」となりまして、〈小説すばる〉に『隠れの子』というタイトルで連載したものです。
◆時代的にはいわゆる化政文化の頃。化政文化とは江戸時代後期の文化文政時代(1804年~1830年)を最盛期として、江戸を中心として発展した町人文化のことです。この時代を主な背景としています。まぁ概ね1830年頃、徳川家斉が将軍の頃と思っていただければいいです。物語の語り手は四人。三河島で植木屋を営む神楽鉄斎のところに住む〈るう〉という少女。そして神田佐久間町で秣商を営む〈遠州屋佐吉〉、牢屋同心の〈日下安左衛門〉、そして北町奉行定廻り同心〈堀田州次郎〉です。写真の表紙になっているのが〈るう〉と〈堀田州次郎〉です。この二人が一応主人公になります。私の本を読んでいただいている方と、タイトルにも〈東京バンドワゴン零〉とありますからもうおわかりですね。この〈堀田州次郎〉と〈るう〉こそが、後の〈東京バンドワゴン〉を開く〈堀田家〉のご先祖様、という設定です。そう書くと「おや堀田家の先祖は確か江戸の頃は町人とか書いてなかったか?」という記憶力の優れた方もいるでしょうか。その辺は、ひょっとしたらこの先でまた続きを書くことになるやもしれませんので、後のお楽しみということにしておきましょう。
◆そして、もちろんご先祖様の話ですから、現代の〈東京バンドワゴンシリーズ〉に関わるものは一切出てきませんので、シリーズを読んでいなくても大丈夫です。
◆物語は、三河島の植木屋〈神楽屋〉で働く〈るう〉(おるう、と呼ばれています)が、〈隠れあそび〉がまた出ているかもしれないからその始末を頼むよと主である鉄斎から言われるところから始まります。おるうが向かう先は神田佐久間町にある煙草屋の〈菅季屋〉。そこの一人息子がどうも〈隠れあそび〉をしているらしいとのこと。おるうはその子を助けるために一人〈菅季屋〉へ向かうのですが……。〈隠れ〉と呼ぶ、ある力を持つ者たち、その力を闇に落とした者たち。〈堀田州次郎〉は同心として自分の継父を殺したやもしれぬ者たち、そして江戸の闇を生きる者たちを〈遠州屋佐吉〉〈日下安左衛門〉、そして〈おるう〉の力を借りて追って行くことになります。
◆正直書いてしまうとタイトルは連載時は『隠れの子』でした。発売に際して営業さんの方から「堀田家のご先祖様という設定があるならタイトルに東京バンドワゴン付けられませんか? その方がウリになるんで……」となりまして(^_^;)、まぁぶっちゃけそうだよなぁ、と思い切って〈東京バンドワゴン零〉とサブタイトルを付けました。もしも売れたら続きを書けますし、なんだったらこの後の江戸・明治・大正と続く〈堀田家ご先祖様〉シリーズとしても書けるかもしれません(昭和は通常のシリーズ番外編でイケますからね)。どうかよろしくお願いします。
◆初めての時代小説は、いやぁやっぱり大変でした(^_^;)。どこまで江戸時代の味を出せたかはわかりませんが、楽しんでいただけたら嬉しいです。

単行本新刊『明日は結婚式』が出ます。2021年07月03日

◆何日か湿度が高めの日が続く北海道我が家近辺。それでもずっと窓を開けていられる気温が続いて、今季初の蚊取り線香も焚いた。そんな日に届いたのは、今月中旬に発売予定の単行本新刊『明日は結婚式』(祥伝社)です。
◆もう還暦になった年寄りなのでいろんなことを忘れがちです。確か、この物語を書くことになったのは、担当編集が変わって新しい編集ガールさんに、次はどんな物語を書きましょうか、と打ち合わせしたときに、「テレビドラマにもなった『娘の結婚』(祥伝社)のような、結婚にまつわるお話はどうでしょうか!」と勢い込んで言われて「あ、じゃあそうしますか」といつもように軽く答えたのでした(大体僕の最初の打ち合わせはそんな感じです)。
◆さて、じゃあどんな結婚の物語にしようかと考えたときに、すぐに頭に浮かんできたのは〈結婚前夜〉という言葉でした。それがフックになって、すぐに登場人物たちの姿が浮かび上がってきました。まさしく結婚前夜の新婦側の家族、そして新郎側の家族。明日には親類関係となるその二つの家族のそれぞれの〈結婚式の前の夜〉を描いていけば、それはしっかりとした物語になるのではないか、と。
◆結婚経験のある皆さん、〈結婚式の前の夜〉はどんなふうに家族と過ごしましたか? 書き始める前に自分のことを思い出そうとしたのですが、なにひとつまったく浮かんできませんでした(^_^;)。それもそのはずで、僕の場合は結婚前に既に二人で暮らしていたので、家族とは過ごしていなかったのですよね。そして故郷には住んでいなかったので、むしろ父母たちが時間通りに札幌に来られるかなどという心配などしていました。
◆物語で結婚するのは、実家がパン屋さんを営んではいますが、本人は本の装幀デザインをしているデザイナーの新郎。そして実家はごく普通の会社員の家庭で、本人は信用金庫に勤める新婦です。新郎の職業こそ多少特殊ではありますが、ごくごく普通の一家に生まれた普通の二人です。それでも、家族たちにはそれぞれ人生のあり、それぞれの出会いと別れがあり、家族を築いてきました。大事な息子や、最愛の娘が結婚する前の夜。祖母や、祖父や、父や、母や、妹や、弟たちが、どんなふうに思い、どんなことを考えて結婚式に向かったのか。楽しんでいただけたら嬉しいです。

『君と歩いた青春 駐在日記』が出ます2021年06月13日

◆気温26度という夏のような暑さになった我が家近辺。幸いにも北海道らしい湿度の低いカラッとした暑さ。
◆そんな日に見本が届きました。今月の26日ぐらいに店頭に並ぶ予定の単行本新刊『君と歩いた青春 駐在日記』(中央公論新社)です。〈駐在日記シリーズ〉の第3弾になります。
◆『駐在日記』『あの日に帰りたい 駐在日記』そして『君と歩いた青春 駐在日記』と来ていますが、二作目からサブタイトルになっている名曲にはあまり深い意味はなく(というか内容にはまったく関係なく)、担当編集さんと話し合い「時代設定となっている年代のヒット曲を使おうか!」となったのです。解説しなくてもお分かりでしょうが、〈あの日に帰りたい〉は〈松任谷由実さん〉(当時は荒井由実)、〈君と歩いた青春〉は〈風〉の名曲ですね。この後もシリーズが続くようであれば、またその年代の名曲を使っていくと思います。
◆神奈川県警松宮警察署雉子宮駐在所勤務(もちろん架空です)となった蓑島周平とその妻蓑島花。周平は元は横浜市で刑事をやっていたのですが、ある事件で被害者となった外科医の花と出会い、愛を育み、そして心と身体の傷を抱える花のために静かな暮らしができるように駐在所勤務を希望し、雉子宮駐在所にやってきました。それから一年と十ヶが過ぎて、『君と歩いた青春 駐在日記』が始まります。今までの二作品とまったく変わりなく、田舎である雉子宮で起こる小さな事件を、駐在である周平が花の手助けもありながら、優しく時には厳しく解いていきます。ほぼ、周平の裁量で事件を片づけてしまいますので、厳密な意味での警察小説ではありませんね。駐在夫婦の村でのちょっとした出来事を四季で描いていく物語です。
◆描いている時代は昭和50年頃なのですが、僕はと言うとその頃はまだ中学生ぐらいです。その時代に見ていたドラマなどを思い出し、時代背景や雰囲気などを考え合わせて書いていっています。今の時代と何が変わったかというのは、どうなのか。人間なんてそうそう変わらないとは思いますが、この時代はまだファックスさえ一般的ではなかったです。情報の伝達のスピードは今とは雲泥の違いでしょう。極端に言えば江戸時代と昭和初期ぐらいの差があるかもしれません。そういうものが、人の心持ちに与えている影響は大きいでしょうね。知っている人も知らない人も、そういうものも含めて楽しんでいただけたら嬉しいです。

『猫ヲ探ス夢 蘆野原思郷』が文庫になります。2021年05月30日

◆なかなかすっきりと気温が上がってくれない北海道の我が家近辺。こんな時期になのにちょっとだけ暖房を入れた夜もあったりして。
◆『猫と妻と暮らす 蘆野原思郷』(徳間文庫)の続編である『猫ヲ探ス夢 蘆野原偲郷』(徳間文庫)が文庫になりました。その見本が届きました。スキャンしたのですがなかなか微妙な色合いの写真ばかりなので、ちょっと色の再現が難しかったですね。
◆〈蘆野原〉はもちろん〈偲郷〉というのも造語です。たぶん国語辞典には載っていません。でも漢字の雰囲気で意味はけっこう伝わりますよね?
◆〈蘆野原〉というあの世とこの世の端境にある〈郷〉で生まれ育った者たちは、人に災いをもたらす災厄である〈事〉を静かに〈為す〉ことができます。そして、それが自分たちの宿業であると理解しています。一種の能力者たちの物語ですね。陰陽師の雰囲気を思い浮かべていただければいいかもしれませんし、もっとくだけて人間界の鬼太郎たちと言ってもいいかもしれませんヽ( ´ー`)ノ
◆そもそもこの物語、〈夫婦〉をテーマにした短編を書いたのですがいきなり妻が猫になったりしてあまりにもふわふわしていてよくわからない世界になって「これはちょっと……」と編集さんに言われてボツにしたのです(ちなみに書き直したのは『小路幸也 少年少女小説集』(ちくま文庫)に収蔵されている『林檎ジャム』です)。そのボツにした短編の世界観を気に入ってしまったので、後からきっちり組み直して連作短編のスタイルにして徳間書店さんで書き続けたのが『猫と妻と暮らす 蘆野原思郷』でした(さらにちなみに最初は『蘆野原偲郷』というタイトルだったのですがあまりにもわからんと言われてタイトル付け加えました)。続編を書くつもりはなかったのですが、売れはしなかったんですけどけっこうマニアックな方々に人気になり、続編書いてみませんかと言われて書いたのが、この続編の『猫ヲ探ス夢 蘆野原偲郷』でした。
◆時代設定がぐんと進んで、一作目の主人公たちはあの戦争で死亡(行方知れずとも)し、一作目では生まれたばかりだった次の代の息子達が主人公になっています。ですから、できましたら一作目の『猫と妻と暮らす 蘆野原思郷』(徳間文庫)から読んでいただいた方が、話がすっきりと繋がると思います。楽しんでいただけたら嬉しいです。
◆なお、今回の表紙の猫は我が家の猫です。ギャラはありませんので、私の方でおやつを多めにあげておきます。

『あの日に帰りたい 駐在日記』が文庫になります。2021年05月14日

◆随分気温が低い日が続いていて、夜にはカーディガンなど着込んでいたんだけど、今日は気温が上がって窓も全開。そんな日に届いたのは『あの日に帰りたい 駐在日記』(中公文庫)。〈駐在日記シリーズ〉第二弾が文庫になります。
◆昭和五十年の春に雉子宮駐在所に赴任してきた箕島周平と花夫妻。そしてほぼ一年の四季を追ったのが『駐在日記』(中公文庫)でした。そして年が明けて昭和五十一年の冬からまた物語が始まります。ですから、できれば『駐在日記』の方から読んでいただいた方が、周平と花のことはもちろん、近くの神社の神主さんとなどの登場人物それぞれのことも深くわかってきますが、一応、この『あの日に帰りたい 駐在日記』から読んでいただいても充分流れを掴むことができるようにはなっています。
◆主人公は駐在所の警察官ですが、小さな村ともいっていい田舎町なので大きな事件などはまったく起こりません。どれもこれも、箕島巡査の裁量ひとつで結末をつける形になっています。とはいえ、箕島は元は横浜で優秀な刑事でした。小さな事件の奥に潜む謎や人の心の複雑さに鋭く切り込み、優しさと厳しさで事件を解決に導きます。
◆もちろん架空の村の架空の駐在所ですが、モデルにしたのは神奈川県のとある地域です。そこに行ったことがあるわけではなく、Googlemapで見つけて(^_^;)、しっかりと写真などを見て選びました。ですので、詳しい村の様子などはそれほど描写してはいませんが、そこに住んでいる方が読むと、駐在所と神社と学校の位置関係、なんとなくうちの町に似てる……? とは思うかもしれません。
◆シリーズにするつもりはなかったのですが、こうして第二弾が文庫になり、そして夏にはシリーズ第三弾『君と歩いた青春 駐在日記』(中央公論新社)が出ます。そちらも楽しんでいただけたら嬉しいです。
◆あと、サブタイトルには実はあまり意味がありません。時代設定であるその年のヒット曲を使うようにしていますのであまり深く考えなくてもいいですよヽ( ´ー`)ノ

ページトップへ