SHOJI YUKIYA OFFICIAL SITE sakka-run:booklover’s longdiary since 1996.12.18

Diary

『ラブ・ミー・テンダー 東京バンドワゴン』発売です2017年04月25日

◆晴れたり曇ったり。風の強い日。
◆毎年4月末、北海道ではようやく桜の芽が色づき始める頃に出る〈東京バンドワゴンシリーズ〉。12冊目になる今年は番外編で『ラブ・ミー・テンダー 東京バンドワゴン』です。見本も我が家に届きました。ずっと読んでくださっている方はご存知でしょうけどこのシリーズ、本編を3冊出すと次は番外編。つまり4年に一回オリンピックのように番外編を出しているのです。
◆今回は、我南人の亡き妻であり〈堀田家の太陽〉と言われていた秋実さんと我南人の出会いの物語。舞台は昭和40年代です。正確に昭和40何年としなかったのは、このシリーズ、一年に一冊出ていますが、登場人物が一冊で一歳年を取るのではなく、番外編の年はなかったことになり、それでも毎年その年を生きていることになっています。つまり、物語内と現実で多少タイムラグが発生しているんですね。なので、あえて今回は〈昭和40年代〉と大雑把に表現しています。大体、昭和40〜42、3年頃の時代の雰囲気を思ってくださればと思います。
◆当時まだ20代前半だった我南人は既にロックバンド〈LOVE TIMER〉のリーダーとしてメジャーデビューしていました。この辺りの雰囲気は40代以上の方は、芸能史でいうと〈はっぴいえんど〉がメジャーデビューした頃とGSが最高潮だった頃を若干被らせていただければと思います(実際には少しズレているのですが)。それまでの芸能界と新しいロックが混じり合っていた時代。そんな頃に、我南人と秋実は出会います。そのエピソードは同じく番外編『フロム・ミー・トゥ・ユー 東京バンドワゴン』で短く描きました。そのエピソードから『ラブ・ミー・テンダー 東京バンドワゴン』が始まります。
◆我南人と秋実が出会う物語ですから、当然まだ藍子も紺も青も生まれていません。ですから、堀田家に住んでいるのは勘一とサチと我南人だけです。少し淋しく感じるかもしれませんが大丈夫です。今までにも本編に登場していた拓郎くんやセリちゃんも大学生として登場します。もちろん、まだ40代の若き祐円さんも。そして今までは脇役であまり台詞もなかった〈LOVE TIMER〉のメンバー、ジロー、トリ、ボンもしっかりと堀田家に出入りしています。
◆タイトルはエルヴィス・プレスリーの名曲〈ラブ・ミー・テンダー〉です。本編はビートルズ縛りですが、番外編はそこから離れます。ミュージシャンとしての我南人のルーツは決してビートルズだけではなく、それ以前のジャズやブルーズ、そしてポップスであるという設定から、その時代を代表する名曲であり、もちろん、物語のテーマともなります。どこかで翻訳された歌詞などを読んでもらってもまた楽しめると思います。
◆本編は連続ドラマの様に進めていますが、番外編は二時間か三時間のスペシャルドラマです。そのつもりでテンポ良く、楽しく、賑やかに物語を組み立てました。なおかつ、今回は〈テレビ〉というものも重要なポイントになっています。黄金期を迎えていた時代のテレビ業界や音楽業界のことなども盛り沢山に詰め込みました。「あぁ楽しかった!」と笑って本を閉じてくれれば最高に幸せです。どうぞよろしくお願いします。
◆気が早いですが(^_^;)、来年の4月はまた本編に戻ります。花陽の大学受験がどうなったか気になっている方もいるでしょうか。どうぞお楽しみに。

継続は力なりというのは真実かもしれない2017年04月20日

◆東京は晴れ。
◆もうすぐ、25日ぐらいに発売の『ラブ・ミー・テンダー 東京バンドワゴン』のサイン本を作るために東京に来ている。その他にも打ち合わせやらなんやら。思えばもう10年ぐらいこの時期には東京に何度か来ることになっている。非常にありがたいことだ。
◆作家になって10年以上経ち、その度に上京していれば定宿もできる。僕の場合は10年近く東京駅のすぐ近くのホテルがそれだ。ほぼ直結しているので雨の日でも濡れないであちこちに行けるので便利。自分の家以外でこんなにも泊まるところは他にないので(実家より泊まっている)、第二の家と言ってもいいんじゃないか。たまに東京以外の街に泊まって、その帰りに東京に来てこのホテルの廊下を歩くと「あぁ帰ってきたな」という気分にもなる。たまにしか旅をしない僕でもこう思うのだから、全国くまなく廻っているミュージシャンなどはいろいろとあるんじゃないだろうか。
◆写真のアルバムは竹原ピストルさんのもの。今や注目のミュージシャンだけどインディーズでの活動歴も長い。かなりあちこち廻っているんじゃないかと思う。僕の大好きな、そして友人のミュージシャン〈踊ろうマチルダ〉も実は会おうと思えば会える状況に今はなっているんだけど、彼も常に日本のどこかを廻っているので中々会えない。
◆苦労した才能ある人が日の目を見るのはどんなジャンルでも本当に嬉しい。自分が才能あるのに昔は苦労したとか言うつもりはこれっぽっちもないが、デビューの頃はまるで食えなかったのに今は明日の米の心配をしないでいい状態なのは事実。何がきっかけになるかなんて本当にわからない。僕の場合は3年目に出した『東京バンドワゴン』で曲がりなりにもそういう状態になったのだけど、何故これが注目されたのかは今もってまったくわからない。書き方を変えたとか手応えがあったとかも一切ない。その時に運が巡ってきたのかな、と言うしかないのだ。
◆ただひとつ言えるのは、続けてきた、ということか。努力は必ず報われるとは言えないけれど、継続は力なりというのは真実かもしれない。

『ヒア・カムズ・ザ・サン 東京バンドワゴン』文庫とサイン会です2017年04月18日

◆全国的に天候が不安定な様子。あちこちで風やら雨やら。
◆さて、もうすぐ〈東京バンドワゴンシリーズ〉10作目である、『ヒア・カムズ・ザ・サン 東京バンドワゴン』が文庫になって発売されます。だいたい20日ぐらいには書店に出回るんじゃないかと思います。単行本で既にお読みの方も、文庫化を待っていた方も、どうぞよろしくお願いします。
◆この『ヒア・カムズ・ザ・サン 東京バンドワゴン』は、10作目という記念すべき年ではありましたが、そこにこだわらずにいつも通りの堀田家の毎日をいつも通りに綴りました。堀田家の日常です。
◆お日様が昇って朝になって、昼になって、お日様が沈んで月が出て夜になる。一日の繰り返しです。その淡々と進む日常こそが、実は本当にありがたいことですよね。何があろうと、お天道さまは昇る。きっと正しいものを見ていてくれるはずだ。もちろん曇る日もあれば雨も降るし雪も降る。でも、陽は昇る。必ず光り溢れる朝がやってくる。いつもの朝がくることに感謝して毎日を過ごしていこう。ビートルズの名曲のタイトルにかけて、そういう気持ちで堀田家の日々を綴りました。
◆皆さんの毎日にほんの少しでも楽しさや明るさを添えられれば幸いです。どうぞよろしくお願いします。
◆そして、25日ぐらいにはシリーズ第12弾である単行本新刊『ラブ・ミー・テンダー 東京バンドワゴン』が発売されます。シリーズの中では番外編になる今回は、我南人と秋実さんの若き日の、出会いの物語です。こちらもどうぞよろしくお願いします。
◆発売を記念して、28日に三省堂書店さんが東京でサイン会を開催してくれます。こちらです。お問い合わせは三省堂書店西武池袋本店さんまで。ご予定の会う方、お待ちしております。

美味しいおやつを食べるために頑張るんだ2017年04月13日

◆ここ二日ばかり冬に逆戻りしてしまった北海道。でも明日からまた気温が上がるとか。
◆ちょっと更新できなかったけれど相変わらず世の中がどんどんキナ臭くなっているような気がする。政治家はやっぱりどいつもこいつも信用できない。もし僕に向かって握手でもと手を伸ばしてきた政治家がいたら笑ってその手をパシーン! と払いのけてやろうと思う。もちろん「いや実はファンなんです。全部読んでます!」とかありがたいことを言ってきたらしっかり笑顔で頭を下げて握り返すヽ( ´ー`)ノ
◆僕たち庶民に国を変える力なんかない。一票の重みなんか所詮夢だ。と、諦めたらそこで終わりだ。諦めないでいい。ここはひとつ皆で美味しいおやつでも食べようじゃないか。たいやきでもパンケーキでもパフェでも煎餅でも何でもいい。一日一個、美味しいおやつを食べるために、「美味しい!」と笑顔になるために、毎日真面目に一生懸命働いて、給料を貰うのだ。自分の働くところを守るんだ。自分で決めたその仕事に誇りを持って、美味しいおやつを食べるために頑張るんだ。
◆それでいいんじゃないか。声高に叫べなくても、社会を変えられなくても、美味しいおやつを食べるために毎日をきちんと過ごすんだ。それは立派な戦いじゃないのか。世界を歪めようとする頭の捻くれた連中に「冗談じゃないですよ私はあそこのスイーツを食べたいんだから邪魔しないでよ!」と肘鉄食らわしてやらないか。
◆もちろん、おやつじゃなくても、仕事帰りの一杯の酒と旨い肴でも可。その旨い物を味わえる幸せを守るために生きる。働く。それが庶民の戦い方のひとつだ。捻くれたもしくは頭のあったかい連中と同じ土俵に立つな。美味しいおやつを食べるための、旨い酒と肴を食べるための升席をどんどん増やしていこう。しょうもない土俵を埋め尽くすぐらいに。
◆あ、すみません僕は喫煙者なので、換気のしっかりした区切られた喫煙席で皆様にご迷惑を掛けないようにしますんで。いやすみません申し訳ない。そこだけ勘弁してください。

愚かな戦争を美化してはいけない2017年04月06日

◆曇り。夜になって雨。
◆春の雨は少し嬉しい。雪解けの道路の汚れを洗い流してくれるから。北海道はこれからいい時期なんだけど、本当に雪解け後の道路っていろいろ汚れているんだよ(^_^;)
◆シンガーソングライターの加川良さんが亡くなった。まだ僕が小学生の頃から活動されていた方で、日本のフォークソングの草分けといってもいいミュージシャンだった。熱心なファンではなかったけれど、加川さんの『教訓』は今も心に残っている。国の偉い人が始めた戦争なんかで死ぬことはない。死ぬな。青くなって尻込みなさい、逃げなさい隠れなさい、と。今も歌える。
◆戦争映画が好きなことは前にもここに書いた。戦争はしてはいけない。もう二度と絶対にだ。でも戦争映画は好きだというジレンマを抱えながら生きている。
◆『宇宙戦艦ヤマト』は名作アニメであることは間違いないし、僕も当時は熱心に観ていた。主題歌を聴くと今も血湧き肉躍るし、今観ても楽しく鑑賞することはできると思う。先日その新作である『宇宙戦艦ヤマト2199』を遅まきながら、観た。丁寧に、そしてオリジナルに敬意を持ってしっかりと作られたアニメーションであることは間違いない。ただ、どうも違和感がぬぐえなかった。描かれる〈軍国調〉にだ。オリジナルに沿った設定だからどうしても〈軍隊・軍国〉〈地球のために、愛する人のために戦って死ぬ〉というポイントは外せない。そもそもが〈宇宙戦艦ヤマト〉なんだからそうならなきゃダメなんだけど、なんか、ちょっと嫌になった。制作側にはそんな意図はまったくないのはわかっているけれども、日本が起こした愚かな戦争を美化しているような、そんなふうに斜めに観てしまった。
◆繰り返すけど『宇宙戦艦ヤマト』に文句を言ってるわけじゃない。年を取った僕の感じ方が多少偏屈になってしまっただけだ。純粋に新しい『宇宙戦艦ヤマト』を楽しめなかった、というだけの話。
◆あと、これは本当にまったくいいがかりなんだけど、森雪はじめとする女性隊員をいやまったくけしからんけしからんとばかりにあんなにエロくしなくていいだろうとは思う(^_^;)。まぁこれも松本零士先生のオリジナルを生かしているんだからしょうがないんだけどねヽ( ´ー`)ノ
◆エンターテインメントとして、戦争はこれからも描かれていくだろう。それを楽しむつもりはある。でも、愚かな戦争をことさら美化する作品を作ってはダメだと個人的には思う。少なくとも僕は、書かない。書きたくもない。

ページトップへ