SHOJI YUKIYA OFFICIAL SITE sakka-run:booklover’s longdiary since 1996.12.18

Diary

『猫ヲ探ス夢 蘆野原思郷』が文庫になります。2021年05月30日

◆なかなかすっきりと気温が上がってくれない北海道の我が家近辺。こんな時期になのにちょっとだけ暖房を入れた夜もあったりして。
◆『猫と妻と暮らす 蘆野原思郷』(徳間文庫)の続編である『猫ヲ探ス夢 蘆野原偲郷』(徳間文庫)が文庫になりました。その見本が届きました。スキャンしたのですがなかなか微妙な色合いの写真ばかりなので、ちょっと色の再現が難しかったですね。
◆〈蘆野原〉はもちろん〈偲郷〉というのも造語です。たぶん国語辞典には載っていません。でも漢字の雰囲気で意味はけっこう伝わりますよね?
◆〈蘆野原〉というあの世とこの世の端境にある〈郷〉で生まれ育った者たちは、人に災いをもたらす災厄である〈事〉を静かに〈為す〉ことができます。そして、それが自分たちの宿業であると理解しています。一種の能力者たちの物語ですね。陰陽師の雰囲気を思い浮かべていただければいいかもしれませんし、もっとくだけて人間界の鬼太郎たちと言ってもいいかもしれませんヽ( ´ー`)ノ
◆そもそもこの物語、〈夫婦〉をテーマにした短編を書いたのですがいきなり妻が猫になったりしてあまりにもふわふわしていてよくわからない世界になって「これはちょっと……」と編集さんに言われてボツにしたのです(ちなみに書き直したのは『小路幸也 少年少女小説集』(ちくま文庫)に収蔵されている『林檎ジャム』です)。そのボツにした短編の世界観を気に入ってしまったので、後からきっちり組み直して連作短編のスタイルにして徳間書店さんで書き続けたのが『猫と妻と暮らす 蘆野原思郷』でした(さらにちなみに最初は『蘆野原偲郷』というタイトルだったのですがあまりにもわからんと言われてタイトル付け加えました)。続編を書くつもりはなかったのですが、売れはしなかったんですけどけっこうマニアックな方々に人気になり、続編書いてみませんかと言われて書いたのが、この続編の『猫ヲ探ス夢 蘆野原偲郷』でした。
◆時代設定がぐんと進んで、一作目の主人公たちはあの戦争で死亡(行方知れずとも)し、一作目では生まれたばかりだった次の代の息子達が主人公になっています。ですから、できましたら一作目の『猫と妻と暮らす 蘆野原思郷』(徳間文庫)から読んでいただいた方が、話がすっきりと繋がると思います。楽しんでいただけたら嬉しいです。
◆なお、今回の表紙の猫は我が家の猫です。ギャラはありませんので、私の方でおやつを多めにあげておきます。

『あの日に帰りたい 駐在日記』が文庫になります。2021年05月14日

◆随分気温が低い日が続いていて、夜にはカーディガンなど着込んでいたんだけど、今日は気温が上がって窓も全開。そんな日に届いたのは『あの日に帰りたい 駐在日記』(中公文庫)。〈駐在日記シリーズ〉第二弾が文庫になります。
◆昭和五十年の春に雉子宮駐在所に赴任してきた箕島周平と花夫妻。そしてほぼ一年の四季を追ったのが『駐在日記』(中公文庫)でした。そして年が明けて昭和五十一年の冬からまた物語が始まります。ですから、できれば『駐在日記』の方から読んでいただいた方が、周平と花のことはもちろん、近くの神社の神主さんとなどの登場人物それぞれのことも深くわかってきますが、一応、この『あの日に帰りたい 駐在日記』から読んでいただいても充分流れを掴むことができるようにはなっています。
◆主人公は駐在所の警察官ですが、小さな村ともいっていい田舎町なので大きな事件などはまったく起こりません。どれもこれも、箕島巡査の裁量ひとつで結末をつける形になっています。とはいえ、箕島は元は横浜で優秀な刑事でした。小さな事件の奥に潜む謎や人の心の複雑さに鋭く切り込み、優しさと厳しさで事件を解決に導きます。
◆もちろん架空の村の架空の駐在所ですが、モデルにしたのは神奈川県のとある地域です。そこに行ったことがあるわけではなく、Googlemapで見つけて(^_^;)、しっかりと写真などを見て選びました。ですので、詳しい村の様子などはそれほど描写してはいませんが、そこに住んでいる方が読むと、駐在所と神社と学校の位置関係、なんとなくうちの町に似てる……? とは思うかもしれません。
◆シリーズにするつもりはなかったのですが、こうして第二弾が文庫になり、そして夏にはシリーズ第三弾『君と歩いた青春 駐在日記』(中央公論新社)が出ます。そちらも楽しんでいただけたら嬉しいです。
◆あと、サブタイトルには実はあまり意味がありません。時代設定であるその年のヒット曲を使うようにしていますのであまり深く考えなくてもいいですよヽ( ´ー`)ノ

『グッバイ・イエロー・ブリック・ロード 東京バンドワゴン』が出ます。2021年04月18日

◆小雨が降る中、今月末に発刊予定の単行本新刊『グッバイ・イエロー・ブリック・ロード 東京バンドワゴン』(集英社)の見本が届きました。
◆シリーズ第16弾になる今作は本編ではなく、4年に一回の〈番外編〉です。〈東京バンドワゴン〉は常に巻末で結んでいるように〈あの頃のホームドラマ〉へ捧げた物語です。なので本編は週に一回の一時間ドラマを常に意識して書いています(春夏秋冬ですから4本分ですね)。でも、〈番外編〉は年末とかお正月に放映される〈二時間スペシャルドラマ〉のつもりで書いています。
◆シリーズ第16弾、4本目の番外編スペシャルドラマとして、さて堀田家の先祖である〈堀田草平事件帖〉とか〈堀田達吉冒険譚〉とか、あるいは学生だった頃の紺たちの話とか、いろんなネタがある中でどんな話にしようかと編集さんと話したときに、イギリスネタがいいのではないかと。コロナ禍の中、旅行も自由にできず人と逢うことさえ躊躇われる日々が続いているので、せめて物語の中で海外などを、と。本編で藍子とマードックがイギリスで暮らしている最中に、二人のイギリスでの暮らしぶりを描きたいなぁとはネタとして考えていました。ならばそれでいきましょうと。
◆ただ、イギリスでのお話となると、まさか堀田家全員をイギリスに連れていくわけにもいきません。かといって、藍子とマードックだけでは、なんだかのんびりほのぼのとした二人だけの静かな暮らしぶりを伝えるだけになってしまって物語が動きません。ならば、ここは若い連中に海外に旅立ってもらおう! と、研人たち〈TOKYO BANDWAGON〉のメンバーに、ロンドンでのレコーディングを用意しました。そして、藍子とマードックは二人とも画家ですから、絵画絡みの事件を盛り込んでいけば、皆が揃って動けるのではと。
◆研人たちが喜び勇んでロンドンにやってきたのはいいですが、盗難絵画をめぐる事件に何故かマードックが巻き込まれてしまい行方不明になるという事件が起きてしまいます。まったくわけがわからない中で、東京にいる勘一たちとも連絡を取りなんとかマードックがいなくなった理由を探そうとします。そしてサチも、東京とロンドンを一瞬で行き来できるその身を使い自分にできることはないかと思うのですが、マードック家を訪れていたスコットランドヤードの人間が何故かサチを見ていることに気づき……。
◆いつもの堀田家とは違うメンバーと一緒に活躍するサチですが、実は今回主役は藍子でもマードックでも研人でもなく、サチと言ってもいいぐらいです。普段は語り手としてしか存在していないサチですが、今回は動き回り喋りまくりその存在感はまさしくヒロインです。どうぞ手に取って確かめてください。
◆もう間もなく、〈東京バンドワゴン〉サイトにも同じように紹介文が載ると思われます。そちらでも言及していますが、毎回読者と同じように歳を取って行く堀田家ですが、実はリアルタイムではなく、本編の最後の季節がいつも被ったり(つまり二冊で二年ではなく一年十ヶ月ぐらいしか経っていない)、番外編を挟んだりしていますので、厳密に計算すると皆さんより数年前の時間を生きています。いまだコロナ禍は〈東京バンドワゴン〉には訪れていません。また来年から続く本編で、どのように堀田家が生きていくかはこれからじっくり考えます。そして、昨年と同じように、今回も新刊記念のサイン会はなしになりました。安心して皆さんが集まれるようになったときに、また開催できればいいなと思っています。
◆それこそイギリスでは現在はワクチン接種が進み、日常が少しずつ戻ってきているとの報道もありました。日本ではようやく始まったばかりで、まだまだ先の話になりそうです。私たちにできることは、とにかく感染防止に努めることです。苦しい状況が続くことには違いないのですが、その中でも、この物語が少しでも皆さんの心の安らぎになればいいなと思います。
◆どうぞ堀田家を今回もよろしくお願いします。

『アンド・アイ・ラブ・ハー 東京バンドワゴン』が文庫になります。2021年04月11日

◆もう新しい本が出たときしかこの日記を書かなくなってしまった。常に書きたい気持ちはあるのだけど、どうしてもそのエネルギーが足りない。原稿を書くので精一杯になってしまっているのだ、という同じいいわけをずーっとしているね。
◆4月になって〈東京バンドワゴン〉の季節になりました。今年もまず文庫から、シリーズ第14弾『アンド・アイ・ラブ・ハー 東京バンドワゴン』(集英社文庫)が20日ぐらいに発売になります。今日、見本が届きました。
◆さて実は〈東京バンドワゴン〉シリーズはちゃんと特設サイトがありましてこちらです。そしてそれぞれの作品解説もありますので、ここで長々と書くよりも、『アンド・アイ・ラブ・ハー 東京バンドワゴン』はこんな物語です。こちらをちょいとクリックして読んでいただければな、と思います。
◆読んでいただけましたね?(^_^;)。
◆前作『ヘイ・ジュード 東京バンドワゴン』で病に倒れてしまった我南人のバンドメンバー、ボンさんなどのエピソードをこの巻でも引き続き受け取り、人生の中で誰にでもやってくる悲しい別れを扱った巻になりました。明るく楽しいホームドラマである〈東京バンドワゴン〉ですが、光と影が表裏一体であるように、出会いもあれば別れもあるのが人生です。とはいえ、いつものように賑やかに楽しい一年を過ごしている堀田家の日々を楽しんでいただければと思います。
◆さて、間もなく特設サイトで今月末にでる新刊『グッバイ・イエロー・ブリック・ロード 東京バンドワゴン』の紹介も掲載されると思います。そちらでも少し触れていますし毎度お伝えしていますが、皆さんと同じように歳を取っていく堀田家ですが、毎巻最後の季節が被り(冬で終わったら次作もその冬から始まっています)、そして番外編も四年に一回入っていてその一年は堀田家ではなかったことになりますので、実はリアルタイムではなく皆さんより数年前の時代を生きています(厳密に計算すると何年前かは出てきます)。ですので、今世界中を覆っているコロナ禍はまだ堀田家が生きる世界では訪れていません。とはいえ、数年経ってから堀田家にやってくるコロナ禍をきっちり描くのは正解なんだろうか、という思いもあります。この先、また来年から始まるであろう〈本編〉で堀田家かどう過ごして行くのかは、これからゆっくり考えます。
◆海外ではワクチン接種が進み、少しばかり日常が戻ってきた感がある国もあるようですが、日本はまだまだです。この先、国内のコロナ禍が落ちつくのはどう考えてももう一年は掛かるでしょう。私たちにできることは、とにかく感染予防に努めることのみです。そして、変わってしまった世界の中の苦く辛い日々の中でも、生きる楽しみを見つけて大事にして毎日を暮らすことです。
◆さて、これからの刊行予定ですが、今月は、この『アンド・アイ・ラブ・ハー 東京バンドワゴン』(集英社文庫)、そして新刊単行本『グッバイ・イエロー・ブリック・ロード 東京バンドワゴン』(集英社)が出ます。5月には『あの日に帰りたい 駐在日記』(中公文庫)が出ます。6月には、その駐在日記シリーズ第3弾『君と歩いた青春 駐在日記』(中央公論新社)、そして『猫ヲ捜ス夢 蘆野原思郷』(徳間文庫)が文庫になります。7月には新刊単行本『明日は結婚式』(祥伝社)が出て、そして文庫新刊で初めての時代小説である『隠れの子』(集英社文庫)が出ます。主人公は定廻り同心なのですがその名前に「!」となる方もいるでしょう。お楽しみに。8月には、『マイ・ディア・ポリスマン 夏服を着た恋人たち』(祥伝社文庫)が文庫になり、そして9月には文庫新刊として『続・すべての神様の十月』(PHP文芸文庫)が出る予定です。今のところはっきり決まっているのはこれぐらいでしょうか。毎月のように出てしまいますが、どうぞよろしくお願いします。

『国道食堂 2nd season』が出ます。2021年01月23日

◆相変わらず日記の更新が出来ていない。
◆今日は町内会の排雪日。排雪とは積もり積もった雪を除雪車と何十台ものダンプが集まり一気に持っていくのだ。どれぐらい持っていくかというと、普段は二車線の道路が冬場が一車線になってしまっているので、それを元の二車線に戻すぐらい雪を持っていく。持っていくと言っても除雪車は細かいところまで手が回らないので、各家庭では朝から自分の家の周りの雪をどかしたり運んだりけっこう疲れるのだ。むろん私も筋肉痛だ。
◆そんな日に届いたのは(クロネコさんも大変だったと思う。なにせダンプカーの山だから)単行本新刊『国道食堂 2nd season』(徳間書店)。もちろん、『国道食堂 1st season』(徳間書店)の続編です。『国道食堂 1st season』は〈男たちの物語〉を書こうということで始まった物語です。続編などは書くつもりもなかったのですが、連載中から編集さんに人気が高く「これ、続編行きましょう」という話になってしまって、慌ててちょいちょいとそれらしきエピソードを重ねていきました。
◆そして今回の『国道食堂 2nd season』は〈女たちの物語〉にしました。〈1st season〉で出てきた男たちの周りにいた女性たちのエピソードです。ですから〈1st season〉の男たちもちょこちょこ登場します。大変申し訳ありませんが、そういう物語なので〈1st season〉を読んでいただかないと話が通じないところが多々あります。『国道食堂 2nd season』を手に取っていただく前に、ぜひ〈1st season〉の方から読んでください。
◆物語の中心人物はもちろん引退したプロレスラー本橋十一です。彼が経営するリングがある〈国道食堂〉に集う常連客や新しいお客さんの女性、それぞれの人生の一エピソードがそれぞれの口で語られていきます。何せ舞台が車でしか行けない国道沿いの食堂なので、登場する女性たちの職業もそれぞれ車に乗ることを前提にした職業が中心になっています(もちろん、そうではない女性たちも登場しますが)。〈1st season〉で積み残してきたそれぞれの荷物を積んで、〈国道食堂〉に集う女性たちが活躍しますので、楽しんでいただけたら嬉しいです。
◆できれば〈3rd season〉へと繋がっていけばいいのですが、一応は一区切りです。もしもこの先を書くことがあるなら、今度はまた違ったお客さんたちが男女の区別なくいろいろ登場する物語になるでしょうね。僕もいつか続きが書けることを楽しみにしています。
◆1月も終わりです。北海道の冬はこれからまだ寒さが厳しくなるとはいえ、日ごとに陽が長くなる、〈春を待つ季節〉です。コロナ禍は落ちつく様子も見えず、またきっと花見もできない春を迎えることになりそうですが、ワクチン接種も各国では始まり、何とか希望を見いだせていけるのではないかと思っています。自分たちにできることは、とにかく感染予防に努めること。それだけです。
◆厳しい日々が続きます。僕の物語で少しでも安らぐ時間を過ごしてもらえたらいいなぁと思います。それだけが、小説家の存在意義ですから。

ページトップへ