SHOJI YUKIYA OFFICIAL SITE sakka-run:booklover’s longdiary since 1996.12.18

Diary

『札幌アンダーソング』文庫化です。2016年02月18日

◆晴れたり曇ったり。sapunderb
◆所用で妻がいないので一人きりの一日。外出しないので本当に声を発していない。たまたま来たクロネコヤマトさんに「ご苦労様ー」と「どうもー」を言ったぐらいだ。
◆そしてそのクロネコヤマトさんが持ってきてくれたのが、文庫新刊『札幌アンダーソング』(角川文庫)の見本です(2月25日頃に発売予定)。この物語、帯に思いっきり〈変態の専門家〉と書いてありますが、同時に天使の美貌と天才的な頭脳と四世代に亘る記憶を持つ〈志村春〉が主人公です。もう思いっきり飛ばした設定ですね(^_^;)。何故春が変態の専門家であるのかは、読んでいただいて納得していただければと(ちなみに装幀で描かれている春のファッションはほとんど二人の姉のお下がりという設定です)。その春が、道警の刑事である根来とキュウのコンビと組んで、札幌の街に巣くう〈裏の住人〉の犯罪に挑むという物語です。これがシリーズ1作目でして、2作目に『札幌アンダーソング 間奏曲』が出ていまして、3作目になる『札幌アンダーソング ラスト・ソング』が来月3月に発売になり、そこで一応の完結です。
◆そもそもシリーズにするつもりなどまったくなかったし、僕自身「こんな設定のものは売れないよなぁ」と思いながらも楽しみながら書いたのですが、これが少々売れてしまったんですね(^_^;)。わからないものです。それでじゃあってんで三部作となりました。作中に札幌に実在するようないろんなものが出てきますが、もちろん全てフィクションです。そして作中で起こっている事件や書かれている札幌の噂話も開拓にまつわる逸話もほとんどがフィクションです。ほとんどってことは中には本当のことも書いてあるのかもしれません。その辺は皆様のご想像にお任せしますヽ( ´ー`)ノ。気楽に楽しんでいただければと思います(ただし、本当に変態的なことも描かれていますのでお子様には読ませない方がいいかと)。
◆19歳になる年に札幌に出てきて、それから三十数年ずっと札幌の変遷を見てきました。住みやすい街です(雪さえなければヽ( ´ー`)ノ)。そんなに郷土愛なんてものは抱えていないのですが、歴史のない北海道に生まれて、そもそも北海道に開拓にやってきた自分の先祖も極論すればアウトローだってところは気に入ってます。

すべての担当編集さんへ2016年02月15日

◆晴れたけど風が冷たい。sokohe
◆Twitterでもつぶやきましたが、2月後半から3月の新刊を整理します。2月25日頃に文庫版『札幌アンダーソング』(角川文庫)。3月9日頃に、単行本新刊『恭一郎と七人の叔母』(徳間書店)。3月10日頃には『そこへ届くのは僕たちの声』(文春文庫)。3月31日頃に単行本新刊『札幌アンダーソング ラスト・ソング』(角川書店)(ネット書店でサブタイトルが〈ラスト・ダンス〉と出てますが間違いです(^_^;))。以上です。もちろん『ロング・ロング・ホリディ』(PHP)も、『アシタノユキカタ』(祥伝社)も、『スタンダップダブル! 甲子園ステージ』(ハルキ文庫)も今現在の新刊ですのでよろしくお願いします(本当に出し過ぎですすみません)
◆『そこへ届くのは僕たちの声』(文春文庫)は、新潮文庫さんのものが文春文庫さんにお引っ越ししたもので、内容に変わりはありません。説明しますと、新潮社さんから『そこへ届くのは僕たちの声』の契約が切られたのです。もううちでは扱いません、と。これは一見非情な通告のようにも思えますが、増刷しないでずーっと契約しているより、他社さんで出してもらえるならそうした方がいいですよ、という意味でもあるのです。実際、文春文庫さんに移ったことで僕はまたこの文庫本で印税を得ることができるのですから、新潮社さんと文藝春秋さん両者に感謝感謝なのです(もちろん、どこも拾ってくれない場合もあるのですが)。ま、円満退社みたいなものですねヽ( ´ー`)ノ
◆ゲラ校正で本当に十年ぶりぐらいで『そこへ届くのは僕たちの声』を読み返しました。この本を出したときには既に四十半ばのおっさんだったわけですが、それでも「若いなぁ」と思えました。まだデビューしたてで、そしてもちろんまったく売れてない作家で、生き残ろうとして一生懸命書いているなぁというのが伝わってきます。
◆この本の新潮社さんの担当はGさんでした。実はGさんは『空を見上げる古い歌を口ずさむ』(講談社)でデビューした僕のその本を読んでいちばん最初に「うちでもぜひ書いてください!」と声を掛けてくれた編集者さんです。デビュー作がまったく売れなかった僕はそのGさんの言葉に本当に励まされました(そして彼女は映画化された『東京公園』の担当編集でもあります)。写真は単行本の装幀。思い出深い本です。
◆今までに出した単行本はもう60冊以上。細かい描写を忘れてしまってる本もあるぐらいですが、それぞれを担当してくれた編集さんとのいろいろなことは、何もかも全部覚えています。皆、僕の物語を好きだと言って一生懸命良い本を作ろうと、そして売ろうとしてくれました。僕に力がなくていまだにその期待に応えられてはいないのですが、本当に、感謝しています。
◆あ、ちょと嘘ついた。忘れてることもあるかもしれないヽ( ´ー`)ノ

ジーパンとDS。2016年02月14日

◆雨が降ったりしてもう道路は大変。taiyounihoero
◆実は先日お気に入りのジーンズのボタン(リベット?)が外れた。しかも外出中に。しかもトイレで(そりゃそうか)。そんなことは50数年の人生で初めてだったので、帰ってからマジマジと外れたリベットを見てググってどうやって付けているかを知った。人生いつまでも勉強だと思う。案外簡単に付けれることを知ってすぐさまネットで買いました。新しいリベットと専門の道具を(意外に安い)。これでもう僕はいつジーンズのボタンが取れても修理できる。
◆ある母親が自分の息子が約束を守らずDSでゲームやっていたのを知って逆上してそのDSを叩き割ったそうだ。そのことを自分のTwitterで流して案の定炎上したそうな。その母親は著名人でテレビにもよく出ていて、かなり豪快な性格であることは知っていた。
◆二つ、思った。まずひとつは、自分の子供に対してキレてしまうのは、理解できる。僕も父親だからだ。そして自分の息子にマジで怒りに任せて怒鳴ったこともある。だから、その母親の怒りでDSを叩き割るというトラウマレベルの暴挙も理解はできる。もう一つは、その自分の暴挙を反省ではなく嬉々としてTwitterに投稿する神経は、わからん。僕は、子供に対して怒りに任せて怒鳴った瞬間に、後悔した。あんなことはすべきではなかったと。その後悔は十何年経った今でも続いている。もし、息子が「あのときは悲しかった」とか「怖かった」と後年言ってきたら素直に謝るつもりだ。だから、あの母親は僕には理解できない人格なんだろう。でも非難はしない。ひょっとしたらDSを叩き割られた息子さんはそういう母親を愛しているのかもしれない。自分の行為を反省しているのかもしれない。親子の間のことは他人には理解できない部分が多い。
◆ただ、そういうことはしてしまったとしても、反省した方がいいと思う。まぁああいう人には何をいってもカエルの面にしょんベンだろうけど。
◆物は大事にしようよ。僕のジーンズもこれでこの先一生穿ける。ウエストがこれ以上太くならなければ。

嘘つき小ちゃん2016年02月10日

◆雪が降ったり止んだりだったが雪かきをするまでもない積雪。spector007
◆専門学校や大学で〈創作論〉みたいなことを教えたことがある。前職がプランナーだったし、喋るのは得意なので講義内容をまとめておもしろおかしく話すことは簡単にできちゃう。こうすれば小説は書ける、なんていうのも教えられる。ただ、本当のところでは僕はそういうのに向いていないなぁと思っている。何故なら、僕は最初から〈物語〉がすんなり書けた人間だから。つまり、書くためのノウハウなんてものを考えたことも悩んだこともない。書こうと思ったら最初から最後まで素直に書けた。
◆どうして書けたんだろう、というのを根っこから考えてみると思い当たるものはひとつしかない。僕は嘘をつくのが上手な子供だった。もちろん、大人は子供の嘘なんかすぐに見破る。悪い嘘は怒られて叩かれて終わりだろうけど、僕は父や母を楽しませたくて嘘を、物語を作って喋っていた子供だったことを覚えている。どんな内容の嘘だったか何てもう覚えてはいないけれども、観たり読んだりしたマンガやアニメやテレビや絵本を参考にした作り話だったような気がする。荒唐無稽な嘘を布団の中で僕は寝かしつけようとしていた父や母に延々と語っていた。つまり、僕は幼稚園に入る前からもう自分で物語を作っていたんだ。資質ってやつなんだろう。そういえば幼稚園でも同じクラスの友達に延々と嘘話をしていた覚えもある。
◆どこかで道を誤ったら僕は詐欺師とかペテン師とかあるいは女をだまくらかしているヒモとかになっていたかもしれないと思う。そうならなかったのも、たぶん物語のおかげだ。悪いことをしたらバチが当たるとか、正義は勝つ、という類いのものを僕はずっと楽しんできたからだ。
◆でも、世の中には殺しちまった方がいい奴もたくさんいる。殺人許可証を持つショーン・コネリー演じる007も本当に大好きで、小学生の頃に父にせがんで映画館へ足を運んだものだ。
◆殺し屋の物語もいつか書きたいんだ。

『スタンダップダブル! 甲子園ステージ』について2016年02月05日

◆晴れたり曇ったり。standupkoushien
◆庭にある物置の屋根の雪下ろし。これがちょっと厄介な位置にあるので雪下ろしをしなきゃならないんだ。でもそろそろ新しく建て替えて雪下ろしをしなくてもいいようにしようと思う。
◆届いたのは文庫新刊『スタンダップダブル! 甲子園ステージ』(ハルキ文庫)です。『スタンダップダブル!』(ハルキ文庫)の文字通りの続編です。なので、できたらまずは『スタンダップダブル!』の方から読んでください。そうしないと話が若干通じないところもなきにしもあらずなので。
◆〈外野ゴロ〉でアウトを取るという少しばかり奇妙な野球をする北海道の無名高校〈神別高校野球部〉が、ある決意を胸に甲子園優勝を目指す物語ですが、球児たちの活躍と同時に、彼らを見守る女性新聞記者や大人たちのドラマも展開していきます。前作は見事に北海道予選を勝ち抜き、甲子園出場を決めるところまでを描きました。そして、続編である今作はまさしく〈夏の甲子園〉を〈神別高校野球部〉がひたむきに優勝へ向けて戦い抜きます。結末がどうなるかは読んでのお楽しみですが、前作で書き残した〈大人たちの事情〉の方にもきっちりとケリをつけますので安心してください。
◆高校野球にもいろいろとあることは百も承知です。それでも、球児たちは甲子園出場を、優勝を目標にして練習に明け暮れます。それは、野球に限らずどんな高校スポーツでも同じですね。残念ながら僕はスポーツに打ち込むことができなかったのですが、彼らの活躍を観戦して楽しむことは大好きです。
◆もうすぐ、球春がやってきますね。また、楽しみな季節がやってきます。小説の方もどうぞよろしくお願いします。

ページトップへ